アイデアが生まれるまでの5つの段階

クリエイターとは「アイデアを生む職業である」と言えます。ここでいう「生む」とは、頭の中に浮かんできたアイデアを、具体的な形(=成果)にすることを指します。

では、アイデアはどのように生まれてくるのでしょう?

これについて、ジェームズ・W・ヤングの名著『アイデアのつくり方』から引用しつつ解説したいと思います。

本の中で、ヤングは、アイデアが生まれるまでには明確なプロセスがあると説明しています。

つまり、アイデアの作成はフォード車の製造と同じように一定の明確な過程であるということ、アイデアの製造過程も一つの流れ作業であること、その作成に当たって私たちの心理は、習得したり制御したりできる操作技術によってはたらくものであること、そして、なんであれ道具を効果的に使う場合と同じように、この技術を修練することがこれを有効に使いこなす秘訣である、ということである。

つまり、アイデアを生むことは技術的なことであり、この技術を学ぶことで、アイデアを作成する能力が身につくのです。

またヤングは、「アイデアとは既存の要素の組み合わせである」とも語っています。まったくのゼロからアイデアが生まれることはなく、私たちが普段見聞きしているものの中からアイデアは誕生します。

このことを念頭に置きつつ、アイデアを生むための技術を具体的に紹介します。ヤングは、この技術には5つの段階があるとしています。5つの段階は、以下のとおりです。

  1. 資料を収集する……直面している課題の資料はもちろん、一般知識もたえず貯蔵します。収集した資料は、あとで振り返られるよう、自分なりにまとめておきます。

  2. 資料を咀嚼する……集めた資料の中から、お互いに関係ありそうな要素を抽出し、グルーピング化します。これも上記同様、自分なりにまとめておきます。

  3. 一度頭をクリアにする……資料を整理したあとは、いったん課題を放棄して、何か別のことをやります。食べた物が胃の中で消化されるように、集めた情報が頭の中で消化されていくのを待ちます。

  4. 頭の中にアイデアが浮かんでくる……あなたが何かをしているとき、突然、頭の中でアイデアが閃きます。第3段階で消化した情報が、ゆっくりと醸成され、無意識から浮かび上がってきたのです。

  5. アイデアを実現させる……最後に、閃いたアイデアを、現実の世界で形にします。そうすることで、ようやくアイデアはこの世界に生まれます。

上記を読めばわかるとおり、第3段階から第4段階にかけては自分で行うことはほぼありません。重要なのは第1段階から第2段階にかけてで、つまるところ、日頃から情報を集め、整理していることが、アイデアを生むための源泉になるのです。

そしてもちろん、アイデアは、頭の中で閃いただけでは意味がありません。閃いたものを実現させて、初めてアイデアは価値を持つのです。この「アイデアを実現させる」というのもなかなか難しく、実現させるために、また別のアイデアが必要になったりします。

アイデアは、いくらあっても足りないものです。そのため、上記の技術を常に実践し、鍛えておくことが、創造性を発揮するためには不可欠なのです。

コメントを残す