Scrapboxは思考を整理するための新しいWIKIツール

unsplash-logoSoragrit Wongsa

「Scrapbox」というサービスを知っているでしょうか? ひと言で言えば、情報を共有・管理するためのサービスです。もう少し具体的に言うと、Wikipediaやゲームの攻略wikiなどと同じく、WIKIシステムを利用したサービスです。ただしScrapboxは、既存のWIKIとはまったく異なるデザインをしています。

参考 Scrapbox - チームのための新しい共有ノートScrapbox

Scrapboxは、複数人で情報を管理するのはもちろんのこと、ひとりで使っても便利です。日々のノート代わりに用いることができます。

Scrapboxの特徴

Scrapboxの特徴は、ノート同士を「内部リンク」または「ハッシュタグ」で簡単につなげられることです。文字を[角カッコ]で囲むか、Twitterでおなじみの「#」を文字の先頭に打ち込むことで、ページ間のつながりを作ることができます。

たとえば、ノートAに「#散歩」というハッシュタグをつけます。次に、ノートBにも同じように「#散歩」のハッシュタグをつけます。こうすることで、ノートAとノートBは「#散歩」というリンクでつながったことになり、それぞれのノートページの最下部でつながっているページが表示されるようになります。

こうして何度もリンクをつくっていくことで、自分でも特に意識することなく、ノートを整理することが可能になっています。

Scrapboxの便利なところ

そのほか、Scrapboxには以下のような便利機能があります。

画像をドラッグ&ドロップでアップロードできる

手持ちの画像を貼り付けたい場合は、画像ファイルをドラッグ&ドロップすることで、直接ノートにアップロードできます。また、ノートの一番上にある画像は、そのままノートのサムネイルになります。

YouTubeの動画を埋め込むことができる

動画のURLを[角カッコ]で囲むことで、任意の動画をノート上に埋め込むことができます。YouTubeだけでなく、「Gyazo GIF」と「Vimeo」にも対応しています。

アウトラインの入れ替えができる

Scrapboxはアウトラインを作ることが可能ですが、そのアウトラインを楽に編集する機能も備えています。基本的には「Ctrl+上下左右キー」でカーソルのある行を、「Alt+上下左右キー」でカーソルを起点としたブロックを上下左右に移動できます。詳しくは、以下のヘルプを参照してください。

参考 アウトライン編集Scrapbox

Scrapbox活用のコツ

  • ノートはピン留め(ダッシュボードの上部に固定すること)ができます。この機能を使って、主なリンクをまとめた「目次ノート」をピン留めしておくと便利です。
  • 基本、1ノートにつき1テーマという使い方がおすすめです。ノート内のテーマが2つ、3つと増えそうなときは別にノートを作って、それらをリンクでつなぎましょう。
  • 現在のところiOSやAndroidのアプリはありませんが、サイトを「ホームに追加」することでスマホからも簡単にアクセスできます。「ホームに追加」の方法はOSごとに微妙に異なりますが、どちらもブラウザからできるはずです。
  • ほかにもさまざまな機能があるので、一度は公式ヘルプを覗いてみましょう。

まとめ

一度使ってみればわかりますが、Scrapboxは従来のWIKIのイメージを覆すデザインをしています。実用面でも、ノート同士をリンクでつなげていく面白さがあります。

その性質上、Scrapboxには「階層」という概念がありません。そのかわり、情報の横のつながりを作っていくのがとても得意です。Scrapboxは、思考を整理するための新しいWIKIツールと言えます。

おまけ

こちらの「マンガでわかるScrapbox」もおすすめです。

参考 マンガでわかるScrapboxScrapbox

コメントを残す