折りたたみ式ポメラの新型「DM30」が発売決定

unsplash-logoFelix Russell-Saw

「ポメラ」PCでは執筆に集中できない、という人のための専用マシン

以前、当ブログでテキスト入力専用マシン「ポメラ」を紹介しましたが、その新型が発表されました。「DM30」です。

DM30はDM200と異なり、折りたたみ式になっています。それ以外にもさまざまな点で相違があります。簡単に箇条書きでまとめてみました。

  • 駆動には単三電池を使用。また、バックアップ電池としてリチウムコイン電池(CR2032)が必要になる。
  • 液晶は800×600ピクセルの電子ペーパー。
  • 日本語入力は「ATOK for pomera」。DM200と違ってプロフェッショナル版ではないが、前機種より改良されている。
  • 無線通信機能はないが、Wi-Fi機能つきのSDカードに対応している。その他、テキストの移動にはQRコードやmicroUSB、SDカードを使用する。

以上のように、折りたたみ式で持ち運びやすくなったぶん、基本的なスペックはどうしてもDM200より劣ってしまうようです。

そのため、機能を重視するならDM200、持ち運びを重視するならDM30といった選択基準になります。

嬉しい点としては、DM200と同じくアウトライン機能を搭載していることでしょう。アウトラインは文章の構成を考えるのに便利なので、この機能があることは大きな価値です。

「ポメラ DM30」は6月8日より販売開始。希望小売価格は4万3000円です。

参考 ポメラ DM30デジタルメモ「ポメラ」公式サイト

コメントを残す