ストーリーテリングの意味と学ぶ方法について

クリエイティブに関する本を読んでいると、「ストーリーテリングが重要」という意味の言葉によく出会います。この「ストーリーテリング」とはどういう意味でしょうか? そして、優れたストーリーテリングを学ぶためにはなにが必要なのか? 簡単にまとめてみたいと思います。

ストーリーテリングの意味

ストーリーテリングとは、伝えたいメッセージを「物語」の形式で語ることを指します。この方法によって、メッセージをより強く聞き手の印象に残すことができます。なぜなら、ただメッセージを伝えただけでは抽象的ですが、物語は具体的だからです。一般に、人間は具体的なことのほうが記憶に残りやすくなる性質を持っています。

ストーリーテリングという言葉が頻繁に話題に出るようになったのは近年からですが、その手法は古来より存在していました。子供向けの絵本や童話、村の言い伝え、紙芝居などがそれに当たります。

ストーリーテリングを活用できるシーン

では、ストーリーテリングはどのような場面で使えるのでしょう? それは文字通り、あらゆる場面で、です。昔話のように教訓を物語のかたちで語ることもあれば、ビジネスの場におけるプレゼンテーションでもその力を発揮します。また、選挙の演説や講演などでも有効です。要は、とにかく「伝えたいメッセージ」さえあれば、ストーリーテリングの出番だということです。

優れたストーリーテリングを学ぶ方法

優れたストーリーテリングを学ぶには、優れたストーリーに触れることが効果的です。以下のギズモード・ジャパンの記事では、ストーリーテリングを学ぶのにうってつけの映画が10作、紹介されています。

参考

「ストーリーテリングとは何か?」を教えてくれる、完璧に近い映画10選ギズモード

また、こちらの記事ではプレゼンにおけるストーリーテリングのコツが紹介されています。ビジネスシーンでストーリーテリングを活用する際に参考になるでしょう。

参考

プレゼン力を一気に高めるストーリーテリングとは?カイロスのマーケティングブログ

前述したとおり、昔話にはストーリーテリングの手法が用いられています。それはつまり、ストーリーテリングの教科書として最適だということです。以下のサイトでは、学校や図書館に置かれている昔話のリストが紹介されています。

参考

これまでのストーリーテリングリストストーリーテリングのこと

これらを参考に、優れたストーリーテリングについて、自分なりのメモを書いてみましょう。そうして勉強していけば、ストーリーテリングの名人になれること間違いなしです。

コメントを残す