【創作の初心者向け】悪い台詞が持っている9つの条件

キャラクターの台詞について。前回は、良い台詞が持っている条件を述べました。

【創作の初心者向け】良い台詞が持っている9つの条件

そこで今度は、悪い台詞の条件について見ていきたいと思います。前回と同じく、9つほど挙げてみました。

悪い台詞の9つの条件

条件1:どことなく硬い

滑らかさがなく、ロボットが話しているようなぎこちなさがある。そのような台詞はNGです。この失敗を避けるためには、普段から人々がどのように話しているのかを観察しましょう。

条件2:なにか不自然

たとえば、地の文では「言っていた」と書くべきでも、キャラクターの台詞なら「言ってた」とすべきです。正しい文法は、台詞においてはむしろ不自然になる場合がほとんど。また、説明的すぎる台詞も同様に避けましょう。

条件3:ありふれている

あるキャラクターが「愛してる」と言ったとします。それに対して、もうひとりキャラクターはなんと答えるでしょう? 「私も愛してる」では、いかにもありふれています。ちなみに、『スターウォーズ 帝国の逆襲』では「知ってたさ」と答えました。

条件4:キャラクターが喋りすぎ

たまに数ページにわたって喋り続けるようなキャラクターを見かけますが、演説でもないかぎり、そんなに長々と喋るような人はまずいません。1ページが丸ごと台詞で埋まってしまうようなら、その台詞は見直しましょう。

条件5:個性がない

どのキャラクターも同じような喋り方をしている。そんな台詞は、当然ながらNGです。キャラクターたちはそれぞれ別の人間なのだから、自然と話し方も違ってくるはず。

条件6:つなぎ言葉が多い

「そして」「それから」「でも」「しかし」「なぜなら」「だから」「それに」「また」「えっと」など、無駄なつなぎ言葉はなるべく減らしていきましょう。

条件7:雑談

世の中には「無意味な会話」をウリにしている作品もありますが、それはそれ。基本的に、雑談は避けましょう。ストーリーに関わらない会話は、ただ退屈なだけです。

条件8:変な語尾や口癖で差別化を図る

変わった口癖や妙な語尾を設定すればキャラクターは個性的になる。もし、そのように思っているのなら、それは大きな間違いです。本当の個性とは、キャラクターの内面から生じるものです。

条件9:間違った外国語

外国語の台詞を描写する場合、言葉を間違えないようにしましょう。また、これまで見てきたように、文法的に正しいのはむしろ不自然で、「台詞としてのリアリティ」が求められます(そのため、外国語を描写するのは難易度が高く、自分がよく知らない言語は避けたほうが無難です)。

良い台詞を書き、悪い台詞を避けるには

前回と合わせて良い台詞・悪い台詞を見ていきましたが、ここに書いたことがすべてではありません。ほかにも「これはまずい」という台詞があったり、逆に「これは素晴らしい」という台詞があったりします。それらは、他人の作品を読んだり、また自分で台詞を書いたりして覚えていくしかありません。

ここに書いたことが、少しでも創作者たちの助けになれば幸いです。

なお、今回のエントリーも前回と同じく、『「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方』の内容を参考に、より初心者向けにアレンジしたものになっています。詳しい内容を知りたい方は、ぜひ下記の本を手にとってみてください。

コメントを残す